ねこまっしぐら!



とがめ氏15のお題 No.15「回復アイテム」

あこがれ様、とがわとがめさんがサイト上で公開なさっているアイテム15のお題
これにチャレンジしようということになって2回目です。
今回も小説形式。当然です。僕に絵とか描かせたらチェコあたりが壊滅しそうな勢いです。

15のお題、今回はNo.15の「回復アイテム」です。かなり数字飛んでるじゃんとかいう突っ込みは無しでお願いします。僕の頭自体とんでるのでそれに免じて。

今回は主にラピスとジェーンに登場してもらうことに。出演料はスイス銀行に振り込んでおきました。

それでは読まれる方、どうぞ。





―――――――――――――――――――――――――――――

 とある天気のいい日の昼下がり、ジェーンの家でラピスはくつろいでいた。テーブルの席に座り、情報誌「ビクトリアウォーカー」を読みながらオレンジジュースを飲んでいる。今日は暑いので、冷えたオレンジジュースが喉に心地いい。ジェーンはといえば、ラピスの真正面に座ってなにやら黙々と機械をいじる細かい作業をしている。
 ラピスは情報誌の今回の特集コーナーである「今キメるならこの回復アイテム!ショップの店員に聞いたオススメベスト5」に目を通す。記事に相槌を打ちつつしばらく熟読していると、とある回復アイテムに気がついた。

 「ジェーンさん、青い薬って飲むものですよ…ね。マナエリクサーも。」
 ラピスは情報誌からジェーンに視線を移す。

 「そうね…。なにかあったの?」
 ジェーンは作業の手を止め、ラピスに目をやる。

 「いや、この特集コーナーの1位が『小豆かき氷』なんですけど、これって普通に食べるんでしょうか。」

 「あー、これね。うんうん、サイズはちっこくて口に突っ込むの。あまり溶けないのよ。それは妖精族が持っている氷のかけらを真似して、魔法の力で溶けないような氷を発明してそれをもとに作ってるからね。まぁでもまだ完璧じゃないからずーっと置いてたら少しずつ溶けちゃうんだけど。」

 「そうなんですか…。…うーん、それにしても食べたくなってきちゃった…。すごく食べたいな…」
 視線を情報誌の小豆かき氷に移すラピス。じーっと見ている。

 「あら、じゃあ作ってあげよっか?」

 「え?いいんですか?」
 ラピスの瞳が輝く。

 「暑いから私もちょうど食べたくて。溶けない氷は高いから普通の氷で、だけど。ちょっとかき氷機を取ってくるわね。」
 ジェーンは工房に向かって行った。


 それから数分後、ジェーンがごつごつした機械を手に戻ってきた。机の上にごとん、とそれを置く。ものものしい雰囲気のそれはピンク色をしているのがまた恐怖感を演出している。

 ジェーンが若干興奮気味に語る。
 「はい、これよー。名付けて!『エンドレスかき氷機君4号』!このたてよこななめの3枚刃がうなりをあげて氷を削るの。そして何より、この4号の売りは『横滑りしてもキレテナーイ』のよっ!」

 「かき氷機として切れてないのはちょっと…」

 「まあまあ、じゃあ作ってみるわね。」

 ジェーンはその機械に氷を投入する。スイッチを入れると、巨大な生き物か何かの断末魔を聞いているように錯覚するほどの音が部屋中に響き渡る。がったんがったん動いている。
 しばらくすると、機械の下のほうにある受け皿にモノが落ちてきた。

 …焼きそば、だ。そう、紛れも無くそれは「焼きそば」だった。

 「あ、あれ?」
 先に口を開いたのはジェーン。

 「これ…、焼きそば、ですよね…。」
 少し戸惑った口調のラピス。

 「あ、きっと作って初めて使ったから調子がまだ出ないのねー。」

 「そういう問題じゃ…」

 2回目。やっぱり出てきたのは「焼きそば」である。ソースの匂いが香ばしい。

 「う…これはきっと『ジェーン☆マジック』ね!」
 
 「なんですかそれ?」

 「私の発明品にはたまにこういうことが起こったりするのよ。たぶん次は大丈夫だから。」
 たまに、という表現が少々間違っているということを、ラピスは知る由もない。

 3回目、4回目、5回目…と回数を重ねても、出てくるのは紅しょうがが似合うそれであった。
 どれだけの量だろうか…。ゆうに10人前は超えていそうである。

 「おっかしいわねー。どこをどう間違ったのかしら。」
 ジェーンは腕を組んで考えている。

 「それよりジェーンさん、この焼きそば、どうします?」

 「…(す、捨てようかしら…)」
 
 無言の二人。机の上には焼きそば無限地獄がひろがっている。
 と、ふいに玄関のドアが開いた。

 「ただいまー。今日は暑いので、散歩の帰りに小豆かき氷買ってきました。3人分ありますから、みんなで食べましょう。」
 声の主はキィだ。しかし、ラピスもジェーンもキィのほうを振り返らない。返事がないので近づいてみる。

 「?どうしたんです?…うわ、なんですかこれ。」
 あまりの焼きそばの量にたじろぐキィ。
 
 「ええと…ちょっと機械の調子が悪くて。てへっ。」
 ジェーンがいたずらっぽく舌を出す。

 「『てへっ』じゃありません!ちゃんと食べて片付けてくださいよ。ラピスさんも。」

 「え?あたしも、ですか…?」

 「片付くまで小豆かき氷はおあずけです。」

 「えー、そんなぁ…」
 ラピスとジェーンが口をそろえる。


 結局、ふたりが小豆かき氷にありつけたのは翌日の夕方だった。

―――――――――――――――――――――――――――――

オチに困りました。こんなんでいいのか。
回復アイテムがお題なのになんだか微妙…。ごめんなさいごめんなさい。
これでジェーンの発明品の被害者がまたひとり増えました。
ラピスが焼きそばを嫌いにならなければいいのですが・・・。

かき氷はちっこいサイズだと考えています。あんまり大きいと頭がキーンって…
魔法がかけてありますから、少しぐらい暑い場所に持っていってもすぐには溶けません。
妖精族が持っている氷のかけらから作る小豆かき氷は溶けやしません。

どちらの小豆かき氷でも、口に入れると溶けます。生命力に反応して云々とか。
簡単に言えば「お口で溶けて、手で溶けない」っていうアレみたいなものです。

あと焼きそばがなぜ出てきたのかは謎です。ジェーン☆マジックですからっ!
機械の中身は企業秘密だそうです。

ちなみに冒頭でラピスが読んでいる「ビクトリアウォーカー」はとがわとがめさんが描いてます。空想上の雑誌の表紙、という感じで。確かイラストギャラリーにあるはずなので興味のある方は見に行ってみてください。

読んでいただいた方、もしおられるならありがとうございましたー

ではまた次回っ!
[PR]
by nekoishi | 2006-01-12 10:37 | とがめ氏のお題に回答 | Comments(7)
Commented by シュウレイ at 2006-01-12 16:55 x
かき氷を作ろうとして焼きそば・・・等価交換の原則に反するジェーン☆マジック恐るべし。。。

ん~そんなに焼きそば食べたら喉つまりおこしそう~><。
でも捨てちゃダメですよね^^さすがキィさん♪
そしてラピスさんご愁傷様;;

更新お疲れ様でした☆次回も楽しみにしてます♪
Commented by nekoishi at 2006-01-12 21:46
こんな駄作でもコメントくれるシュウレイさんに感謝します。

ジェーン☆マジックは…なんでもありです。あまり本編では無茶なことさせませんけど、番外編なのでこれくらいはいいかな、と。笑
無茶なノリ(法則無視)としては「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のグゥのような感じで。ご存じなかったらごめんなさいぃ

焼きそばって食べ続けていたらけっこう飽きますからね…苦労したようです。
ラピスすごい被害者…
でもキィも鬼ではないので、ちゃんと焼きそば片付けるのを手伝ってあげてましたよ。

励ましのお言葉、すごく嬉しいです!
だめだめな文章ですが、また見に来てくれると嬉しいですっ

感想コメントありがとうございました♪
Commented by シュウレイ at 2006-01-12 23:23 x
ハレグゥ知っています^^
大抵のネタは通じるかもな、幅広くマニアですので^^;
Commented by texisumi at 2006-01-13 02:17
ラピスs&ジェーンs、あんまり食べると太っちゃいまs ( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、
相変わらずうまいですねw
ラピスsもジェーンsも魔力増強!
ドーピングは禁止ですy○-_-)=○)゚o゚)☆
この魔力でジェーンにはいいものを発明してもらいたいものです。
氷小豆・・・
今大変お世話になってますが高いですね・・・
もうちょっと安くならないのかなぁ~
僕は焼きそば大好きなので、まわしてくれれば残さず食べますy ( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、

・・・
殴られてばっかでごめんなさい
ではでは^^ノシ
Commented by nekoishi at 2006-01-13 16:50
コメントありりんです~

♪シュウレイさん
あらー、「ハレグゥ」ご存知でしたか。
よかったです。ネタは結構通じたりするんですねぇ。
期待できますねっ(何を

コメントありがとでした♪

♪texisuさん
油っこいんでジェーンとラピスは太ったk(ry
二人ともお年頃なんで大変です。

お褒めのお言葉ありがとうです。そんな上手くないとは思いますけどねー。
んで二人はドーピングによる魔力増強で後に「リスの魔女」と恐れられたという・・・

かき氷なだけに出費は頭が痛いですよね。
僕はルディだと安く済ませられるのでそこでまとめ買いしてます。
一つ200メルほどの差額ですが、買い続けているとそれはもう差がものすごいことに…

打撲にヒールかけときますねー

コメントありがとうございました~♪
Commented by akari-maple at 2006-01-17 02:50
MP回復のはずが魔力増幅・・おそろしいマジックですねww
そうか。かき氷は小さいんですね!
きらりが愛用してますが、エルナスで食べたら頭いたくなりそう・・
って思ってたんですよね。フロリナならともかくー^^
あたしもかき氷とお水は安いのまとめ買い派です☆
節約主婦ヽ(´・`)ノ  フッ・・・
猫さんは節約・・・なんでしょう!?
Commented by nekoishi at 2006-01-17 14:31
それがジェーン☆マジックです。笑
そうです、かき氷は小さいのです。アイテム欄のあのグラフィックはあれです、パッケージに印刷されているマークなのです。
よほど連続で食べない限り頭がキーンとすることはないでしょう。たぶん。
でも…エルナスで食べるのは勘弁ですねぇ。

ルディは安くてお得ですよねー。1000個買うと200kほどの違いに…
僕はなんでしょ…節約猫?ふつーだなーおい。

コメントありがとうございました♪
<< もうひとつの…お題No.15「... アリーヴェデルチ。 >>


扇風機の前ならその姿でも仕方ない

カウンター




NEXON社のMMORPG「メイプルストーリー」をプレイした感想やリアルでのこととかもうまぁごっちゃな日記です。


とりあえず自己紹介を。

なまえ:猫石

れべる:159から上がりそうもないです

しょくぎょう
びしびし☆ビショップ

杏サーバーにいました。

ちなみにリンクフリーです。
張ったっていう報告をしていただけると嬉しいです。飛び跳ねます。




※このサイトの画像、文章等の転載はダメ☆ゼッタイ

あんずの住人でした。ちなみに杏食べたことないです。
すべてはあなたのために。サポートに生きます。
30%でおいしく、35%でまたおいしい
主に12個のセラフィスへ捧げます
アナタの心も癒します♪
貴方のハートを狙い撃ち。百発百中?
でんでんなめんな!
一生顔6で。
でんでんのでんでんによるでんでんのためのメイプル。ジーク!でんでん!!
元気出そうぜ!
離れてしまっても。
ダメ・ゼッタイ





感動を貴方に
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧